M&Aが選ばれる理由
~M&Aのメリット~

多くの苦労をかけた妻が安堵しているのを見て、譲渡して良かったと心の底から思いました。 大阪府 きな粉・各種香辛料等製造販売
育ててきた会社と社員を大事に引き継いでくれると感じました。 群馬県 輸入雑貨等の卸売
条件を満たす企業が現れるまで待つつもりで早めに相談に行きましたが、2カ月でお相手を紹介していただきました。 群馬県 計測機器の製造販売
夫婦で早くから話し合い、事業承継を人生設計の中に組み込んでおくことが大事だと思います。 北海道 警備業

メリット1譲渡企業経営者のメリット

後継者不在問題の解決

「子供がいない」という理由だけでなく、「継がない、継がせられない」という会社は非常に多くなっています。例えば、子供には好きな職業へ歩ませたいなどという考えもその一つです。

創業者利潤の獲得

上場してもすべての保有株式を換金することは、ほぼ不可能です。M&Aは「ミニ上場」ともいえる手法なのです。

連帯保証・担保提供の解除

M&Aの場合、経営権の移転とともに経営者の連帯保証は解除されます。

第二の人生を送る時間

日本人の平均寿命は83歳。健康寿命(自分で自立した生活ができる期間)は75歳。65歳で引退したとしても、第二の人生を楽しむ時間は約10年しかないのです。

メリット2会社へのメリット

先行き不安解消と事業の発展

M&Aで大手と組むことで、会社の基盤が安定するのと同時に相手企業との事業シナジーによりレバレッジ成長が見込めます。

人手不足、採用不安の解消

単独では困難な人材採用も、グループ全体で行うことで安定した応募数確保を期待できます。

経営一新による成長の可能性

創業者が起業して数十年経過している企業の場合、人事交流により新しい風が入ることで、社内の風土や社員のモチベーションが活性化します。

メリット3社員へのメリット

雇用の継続・安定

単独経営だと、経営者個人に健康不安が出てきた場合会社も共倒れのリスクがあります。M&Aで資本と経営を分離しておけば、安定した存続と発展は確固たるものになります。

成長機会の拡大

現状よりも大手の企業のグループに入るため、研修制度は充実するのが通常です。また待遇改善、福利厚生の拡大の機会にもなります。

グループ全体でのキャリア形成

パートナーの転勤などで、それまで退職せざるを得なかったような場合も、拠点が増えることでグループを含めて継続勤務可能になり、キャリア形成をあきらめなくてもよい場合が出てきます。また買収対象となったグループ会社での社長や役員登用など、互いに活躍の場が拡大します。

メリット4地域社会へのメリット

地元企業の発展による地域活性化

M&Aで雇用の確保を実現し、さらに相手企業も含めた地域の交流が生まれます。地域には人が集まり、経済活動が存続・活性化します。地域の経済活動をなくさないことは、地元への一番の貢献です。

取引先の継続

地方では企業数が少なく互いの依存度も高いのが通常です。M&Aで存続し会社を存続することは、地域へ連鎖倒産などの悲劇をもたらさないための手段なのです。

地域インフラの確保

医療や介護など、公共性の強い業種に関しては、その事業がなくなることそのものが地域インフラの崩壊につながります。M&Aで存続することで、地域へのサービス継続が可能になります。